×

CATEGORY

HOME»  岩手県産りんご»  紅いわて»  岩手県産 「紅いわて」りんご 約5㎏ 20玉

岩手県産 「紅いわて」りんご 約5㎏ 20玉


【入荷状況を確認の上、対応します】


今シーズンは7月ー8月にかけて
最高気温が30度を超える
「真夏日」が40日以上連続で記録されました。
また9月半ばを過ぎても最高気温が25度以上、
最低気温が20度以上の日が続いております。


暑さは「紅いわて」の生育にも影響を与えており、
収穫量(正品率)が前年対比で約50%になると
いう情報が入ってきました(2023年9月20日情報)

そのため当webショップでの
今シーズンの「紅いわて」の販売は、
出荷量を確認した上で対応させていただきます。

※暑さの影響で果皮の色付きが悪い
「紅いわて」の入荷が多い場合は、
ご家庭用「紅いわて」として販売させていただきます。

「紅いわて」ファンのお客様には、大変ご迷惑をおかけしますが、
今シーズンの産地環境にご理解をいただきますよう、
よろしくお願いいたします。








↓以下は受注開始となった際の内容です。







※発送は9月26日(火)頃からの予定です。

現時点で初出荷日未定
※発送開始後は、ご注文(ご入金)確認後1週間以内
での発送を予定しております。
商品の出荷状況によっては予定よりも遅くなる
(もくしくは早まる)場合がございます。
予めご了承くださいませ。



★以下の注意点・商品内容をご確認の上、ご注文願います★

【注意点】

①「紅いわて」は冷蔵(チルド)便でお送りします。 
 商品到着後は、ポリ袋に入れて冷蔵庫での保存をオススメいたします。
※全国的な気温の変化を日々確認した上で、
常温便に変更します。

②冷蔵で約1か月大丈夫だといわれておりますが、
日を追って鮮度劣化いたします。
なるべくお早めにお召し上がりください。

③多少色ムラがあり、
お尻の部分は青みが残っているものがあります。


※今年度は高温の日が続いたため、夜温が下がらず、
色付きが悪いといわれています。
見た目が悪くても味・品質に問題はありません。




④「蜜」は入っていません。

➄ 玉数は選べません。

⑥ お届け日指定(日付指定)はできません





【岩手県で生まれた真っ赤なりんご】

9月下旬頃から出荷される
岩手県生まれの赤いりんご「紅いわて」。


『紅いわて』は、『つがる』と『プリシア』
を掛け合わせて作られた中生種のりんごです。

 正式な品種名は『岩手7号』で、
『紅いわて』は平成24年に岩手県が登録した商標名です。


濃い紅色、すっきりとした甘み、淡い酸味、
ジューシーながらパリッとした食感が特徴


見た目も食味も良いうえ、
皮をむいた後に果肉が茶色に変色しにくいという特性もあります。



すっきりとした甘みの中にほどよい酸味もあり、
バランスが絶妙なりんごです。


 
※webショップ担当者も大好きなりんごです。
この時期は「紅いわて」が最高ですよ~♬











【商品内容】

岩手県産

JA全農いわて 「紅いわて」

20玉(約5kg)

1箱3,500円(税込
)



消費税込みの価格です。
送料は別途掛かります。
配達先の地域により異なります。

  • 岩手県産 「紅いわて」りんご 約5㎏ 20玉

  • 販売価格

    3,500円(税込)

  • 在庫

    在庫切れ

在庫切れボタン

  • 【発送について】

    商品の発送は、ご注文をいただいた順に
    9月26日(火)以降に発送する予定です。
    ※出荷状況に応じて対応いたします。
    多少発送に時間がかかる場合がございます。




    ※【着日指定】はできません



    発送につきましては「ゆうパック(チルド(冷蔵)便」を使用します。
    お届け時間帯の指定がございましたら、
    備考欄(コメント欄)にご記入願います。

    お届け時間帯指定は

    ・午前中
    ・12時ー14時
    ・14時ー16時
    ・16時ー18時
    ・18時ー20時
    ・19時ー21時
    ・20時ー21時

    となります。

    ご希望がない場合は、
    最短で届く時間帯を選んでお送りさせていただきます。
  •  

    2023年度産 岩手県産「りんご」の生育状況について

     
    2023年度の岩手県産「りんご」の生育は
    4月下旬に気温が氷点下になり、
    「凍霜害」が発生し、
    収穫量が例年の7〜8割程度
    になると予想されています。
    (2023年6月末時点)


    また凍霜害の影響により
    奇形果、サビ果などが多くなることも
    予想されています。

    今後、台風などにより、
    「りんご」の表面に小キズが付いたり、
    見た目が少し悪くなるものが発生する場合もございます。


    【注】7月ー8月にかけて最高気温が30度を超える
    「真夏日」が40日以上連続で記録されました。
    暑さは「りんご」の生育にも影響を与えています。
    夜温(夜の気温)が下がらず、
    「りんご」の色づきが悪いです(色が薄い)


    ただ収穫された「りんご」は、
    各JA(農協)で選果され、
    出荷時に品質の確認をしています。
    見た目が悪くても食味に問題ありませんので、
    気にせずお召し上がりくださいませ。

     

     

関連商品

CONTENTS

CATEGORY